2018年12月13日

【イベントレポ】地域のおこし方会議 〜0から1を生み出す「対話」の場

Featured Video Play Icon

どうも、マネージャーです。
12月11日に『地域のおこし方会議 〜0から1を生み出す「対話」の場』が開催されました。
 
移住者の集まる町、福岡県福津市津屋崎。
その津屋崎でまちおこし団体「津屋崎ブランチ」を運営されている山口覚さんを講師にお迎えし、地域おこしとはなにか、ご当地発のアイデアを生み出す考え方はどのようなものかを知り、参加者同士で対話する会です。
 
私自身元々、地方移住・定住の仕事に関わっており、地域の活性化、地域おこしというテーマについて、孤独というか、一人で悩むことが多くありました。このようなテーマは市町村単位で取り組むことが多いので、他の地域でどんな人が、何をやってるのか、って意外と知る機会が少ないんですね。同じような悩みを抱えている人は結構いるんじゃないかなぁ、と思い企画した次第です。
 
平日の日中にもかかわらず、県内外から多数のお申込みを頂き、会場は早々に満席に。
10代から60代、行政関連の方、地域おこし協力隊、地元企業の経営者や地域住民の方など多様な方々にご参加頂きました。遠いところはなんと福島県から!ありがたや…
 
相手の変容を認め否定も断定もしない対話のあり方や、平凡と平凡を組み合わせて地域に新たな価値を生み出す発明家的な発想法、好きなことを仕事にデキる人が増え元気になった津屋崎の事例などを紹介頂きました。各テーマごとには参加者同士の対話も行われ、活発に意見が交換されていました。3時間という長めのイベントでしたが、あっという間に時間が過ぎ、もっと話したかった!という意見も グラフィックファシリテーターの鈴木さんのグラフィックを眺めながら意見交換が続いていました。
 
今回はこのようなイベントという形にしましたが、地域を面白くする対話が日常的に行われるようになるといいなと思っています。その場の1つとしてCOMSYOKUがお役に立てればマネージャーはとっても嬉しいです。

 

EVENT&NEWS

イベント&ニュース

ニュース

【イベントレポ】 One day cafe.toyama〜凸凹の?について語るcafe〜を開催しました

COMSYOKUのファシリテーター鈴木です^^ 3月2日(土)にOne day cafe.toyama〜凸凹の […]...

詳細をみる

ニュース

【イベントレポ】ヒトのハタラクを知るナイト

どうも、マネージャーです。   2/27に「ヒトのハタラクを知るナイト」を開催しました。 今回でもう […]...

詳細をみる

イベント

3/31(日)VisualPractice実践編② 整理する/構造化する~ファシリテーション・グラフィック

VisualPracticeは「Visualize(話の見える化)」を活用したコミュニケーションや場づくり、会 […]...

詳細をみる

イベント

3/31(日)VisualPractice実践編①- 話し合いの場で活きるグラフィックファシリテーション

グラフィックファシリテーションは、アイデアの種や対話のプロセスを絵と文字をつかったビジュアル言語で、リアルタイ […]...

詳細をみる

スタジオ・キッチンご予約はこちら